スチレンボードは何に使うの?スチレンボードを徹底解説!

スチレンボードとは?

店舗の特設コーナーパネルやモデルの等身大パネル、展示会のパネルなどに使われている素材がスチレンボードです。

スチレンボードは、きめ細やかで表面が滑らかなポリスチレンフォームで作られています。このスチレンボードに印刷した用紙を張り付けて、パネル等は制作します。

発泡スチロールと同じ素材なので低コスト、加工も容易でパネルの素材としては最適です。このため軽くて持ち運びに便利で、天井から吊るすなど店内の販促物として大いに役立つものです。また、スチレンボードに使われているポリスチレンフォームは梱包材としても使われています。

スチレンボードの特徴

スチレンボードは表面に粘着用用紙、その上にフルカラーポスター、そしてラミネート加工が施されています。表面をラミネート加工することで耐久性を待たせ、色あせ、傷やほこりからスチレンボードを保護しています。

ラミネート加工は、表面につやがあるグロス仕様と表面につやがないマット仕様から選択可能です。グロス使用は写真を鮮やかに見せられ、マット仕様は文字が見やすくなります。

形状は等身大パネルでもわかるように、自由にカットできます。サイズは2メートルを超えるような特大のパネルも作成可能です。四角形以外の形で特徴を持たせることや、パネル大きくすることでより視覚に訴えられます。

スチレンボードパネルを作成を検討してみては?

スチレンボードはスチレンボードパネル加工・印刷会社がインターネット上で店舗を構えており、低予算で難なく作成できます。店舗の売り上げをアップさせたいという方はスチレンボードパネルの作成を検討してみるといいでしょう。

スチレンボードは発砲ウレタン素材でつくられたボードで、両側を紙でコーティングしたものも存在します。住宅模型などで使用され、多くのデザイナーにとってなくてはならない存在です。