知っていれば安心!最新のがん遺伝子治療とは

最も理に適った治療法

さくらクリニックは最新のがん遺伝子治療を提供しており、現在最も有効な癌治療法とされています。癌は遺伝子の異常から発生する病気なので、がん遺伝子治療は最も理に適った治療法になるわけです。但し、遺伝子治療と称されるものが、全て有効な治療法になるとは限りません。その背景には、治療に要する治療タンパクやベクターが日々進化していることがあります。それ故、最新の遺伝子治療法であることが肝心で、それが最高の治療効果をもたらすことになります。当クリニックでは現在最も有効なベクターを導入しており、点滴投与によって全身に行き渡らせることができます。また、がん抑制遺伝子である治療タンパクを、患者の状態に応じて局所注入することも可能です。

複合治療で効果が増強

がん遺伝子治療は、三大がん治療との相乗効果で、より高い治療効果を発揮します。さくらクリニックでは、がん遺伝子治療の実施とともに、協力クリニックと連携して治療に当たっています。放射線治療をはじめ、抗がん剤や免疫療法などの複合治療に配慮がなされているわけです。何よりも、患者の意向を尊重しながら、納得のいく治療を心がけています。また、がん遺伝子治療は、正常細胞に悪影響を及ぼす心配がないので、安心して受けることが出来ます。加えて、マイクロ転移や微細な癌細胞からの再発を予防する効果もあるので、治療適応範囲が非常に広い治療法になっています。抗がん剤や放射線治療に対しては、がん遺伝子治療は作用機序に類似しており、効果を増強させる効果を期待できるわけです。

さくらクリニックの公式サイト