どこで診てもらえば良い?膣のゆるみを治療する病院の選び方

受診するのは婦人科でOK

まず膣のゆるみを治療してくれるのはどの診療科目なのかですが、基本的に女性器関連の悩みや疾患の相談は「婦人科」もしくは「産婦人科」で受け付けています。いずれも女性患者のみとなっているので安心して受診できるようになっていますし、どうしても口頭で症状を説明するのが恥ずかしい場合は筆談で伝えるのもありです。

最近では美容外科でも対応している

基本的には婦人科もしくは産婦人科で治療するのが一般的なのですが、最近では美容外科で治療を受ける人も増えてきています。美容外科では単純に膣のゆるみを改善できるだけではなく、膣そのものの見た目も綺麗に出来るところが特徴です。

さらに治療によって見た目が悪くなってしまうデメリットを防げるので、見た目も綺麗にしたい人は美容外科での治療がおすすめされています。

原因を特定できる検査や複数の治療方法が選択できるか

膣のゆるみを治療する際の病院選びで重要なポイントとなっているのが、原因を特定するための検査が充実しているかどうかです。膣のゆるみを検査するための方法や道具は一つだけではなく、多方面から検査すればその分原因の特定もしやすくなっています。その上で原因に合った治療方法を選択する必要があるので、当然治療方法の選択肢も豊富であった方が良いと考えられています。

カウンセリングを通じて医師との相性を確認する

また病院選びで大切なポイントと言われているのが、医師との相性です。治療を進めていく中で医師との信頼関係が築けるかどうかは非常に重要ですし、不信感を持ったまま治療を続けてもメリットはありません。

そのためまずはカウンセリングを通じて自分の話を聞いてくれるかどうか、わかりやすい説明をしてくれるかどうかなど自分が信用できる医師かどうかを確認するのも重要です。

膣圧とは膣の締め付け力や圧力のことを言います。膣の締まりが強いほど名器と言われています。膣のトレーニングで締まりの良い膣をつくることができます。