地震大国日本だからこそ必須!事業を途切れさせないためのBCP対策

最近よく耳にするBCP対策とは一体何なのか

BCP対策というのは、災害時でも中核事業を継続できるようにする一連の対策のことです。大きな災害があったときにも、事業の継続が求められるパターンはいくらでもあります。それこそ、警察や消防もそうでしょう。災害があったからといって動けなくなっては意味がありませんから、極めて強くBCP対策が必要になります。これは、一般の企業でも同じことが言えます。災害時に情報を届ける役割を果たす報道各社も、BCP対策には力を入れています。ネットビジネスを行っている企業も、災害があったからといってサービスをストップさせるわけにはいかない場合があります。24時間365日、どんな状況でも中核事業は継続できるよう、事前に準備をしておかなければなりません。

有効なBCP対策の具体例とは

では、有効なBCP対策にはどのようなものがあるのでしょうか。まず、燃料の確保は絶対に必要なこととなります。ガソリンがなければ車が動かせなくなりますし、電気がなければパソコンは使えなくなります。今の時代は、車やパソコンが使えないとなると事業の継続は難しくなります。ですから、この部分についての対策は必須でしょう。燃料を普段から貯蔵しておく体制を組み上げておくことが重要です。巨大な蓄電施設を作って、そこに電気を溜めておくというのは、非常に有効なBCP対策になります。また、自家発電装置を購入しておくのもいいでしょう。万が一のときには人力で発電ができるようにしている会社も見受けられます。

BCP対策とは、大災害に見舞われても速やかにビジネスを復旧できるマニュアル作成のことです。本マニュアルを作ることで業界における信頼度が増し、企業イメージを高めることが可能です。