アンテナ設置工事、好みのアンテナはどのタイプ?

一般的な八木式アンテナ

テレビでデジタル放送を見るためには、必ずアンテナで電波を受信する必要があります。コンセントから電源を取っただけでは、テレビの放送を見る事はできません。アパートやマンションでは共用アンテナが付いているため、自分で設置するという事はあまりないと思います。しかし、自宅のアンテナが壊れた場合や、元々アンテナが設置されていない場所でテレビを見る場合はアンテナの設置工事が必要になります。まずはじめに、アンテナの種類について紹介します。アンテナの種類は大きく分けて八木式アンテナとデザインアンテナの2種類に分ける事が出来ます。八木式アンテナは一般的なアンテナで、魚の骨のような形をしています。住宅やマンションなどの屋根に付いてるのを見た事がある人も多いでしょう。アンテナ本体の価格は、5,000円前後で安価なものが多いです。取り付ける角度によって、電波の受信状況が変わります。また、風などが吹いても飛ばされないように強固に固定しなければいけません。設置工事に関しては専門業者に依頼する事をお勧めします。

新参のデザインアンテナ

次に、デザインアンテナについて紹介します。薄型で平面的、スタイリッシュなアンテナです。最近、新築住宅でよく見かけます。価格は1万円前後とやや高めです。強風に弱いため、屋根上の設置は向いてませんので壁などに固定します。設置する際は、壁に穴を開けたり防水工事をしたりしなければいけませんので専門業者に依頼するべきでしょう。その他、BS・CS放送受信用の110℃共用アンテナがあります。アンテナの価格は、5,000円前後です。受信料が別途かかりますので視聴の際は、事前に放送会社に確認しましょう。

アンテナ工事は専門の業者と共におこなうのがいいでしょう。アンテナは高所にあり、重たいので一人では危険です。