初心者必見!CADについて知っておきたい基礎知識

CADとはそもそも何か

CADは、コンピュータを使って図面を作成することや、それができるソフトのことを指します。「Computer Aided Design」あるいは「Computer Assisted Design」の略であり、「コンピュータによる設計支援」といった意味になります。ようするにCADは、これまで手作業で行っていた図面作成を、コンピュータを使うことによって効率的に行うことのできるものだと言えるでしょう。ただしCADを使いこなすためには、それなりのスキルが必要になります。

CADを使いこなすためのスキルとは

CADに必要なスキルとしては、コンピュータそのものを扱うためのスキルの他にも、CADソフトを使いこなして作図を行うスキルや、図面を理解できるスキル、そしてそれぞれの専門分野に関する理解などが挙げられます。CADソフトを使いこなすスキルに関しては、スピードと正確さが求められる場合も多いため、その要求に応えられるような訓練が必要になると言えます。そして図面を理解できるスキルに関しては、コンピュータやソフトを使いこなすだけでは得られないものであるため、それとは別に幅広い知識を得ておく必要があるでしょう。

CADが活用される分野や活用法とは

CADが活用されている分野としては、建築や機械などのさまざまな分野が挙げられます。そしてCADは、手作業よりも効率的に図面作成ができるという利点がありますが、それ以外の使い方もできるという特徴があります。その特徴とは、情報共有を行ったり、分業をするということであり、手作業で行う場合より容易に行うことが可能です。

水道CADは現在では必要不可欠な技術となっていますので、設計上で必要です。そのため、需要のあるものです。